まつげを伸ばす!シミを消す!美人になる!

ハイドロキノンとトレチノインって?

ハイドロキノンとトレチノインは両方とも色素沈着に効果がある成分です。
併用して使用すると更に効率よくメラニン色素を撃退して美しく明るい顔色になれるので、美容外科や皮膚科などのクリニックでも使われています。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれるほど威力が高く、肌の奥深い場所で起こっている沈着色素を分解し、同時に今後紫外線の影響を受ける可能性があるメラノサイトという細胞も破壊するので将来の肌トラブルを予防することができます。
トレチノインはビタミンAの一種で、肌のターンオーバーを促して細胞を活性化される役割を持っているので本来なら4週間以上かかる肌の生まれ変わりをもっと素早くして、新しい肌を作ります。

トレチノインを使ってターンオーバーを促進すると、ハイドロキノンによって破壊されたメラニン色素の部分が表面に出てきて新しい肌に生まれ変わり、色素がどんどん薄くなっていきます。
どちらも大きな効果を持った成分ですが、併用することによって更に効能が加速されて老廃物や古い角質を取り除き、真新しいきれいな肌が手に入ります。
同時に細胞が若返るのでくすんでいた部分やたるんでいる部分もふっくらとした状態に戻り、潤いのある美しい見た目を実現できます。
ターンオーバーは自然の状態でも起こりますが、年齢を重ねると速度がゆっくりになってしまうのでトレチノインを使って加速するといつまでも美しい肌を保てます。

ハイドロキノンを使うとメラニン色素を効率よく分解できるので肌色が均一で明るくなりますが、外に出て太陽の光を浴びると紫外線の影響を受けやすくなってしまうことを覚えておきましょう。
トレチノインはアンチエイジングのためによく使われる成分で特に弱点はないので洗顔後にいつでも使うことができますが、単品で使うよりもほかの成分と組み合わせて使用したほうが効果は高まります。
2つの有効成分を上手に併用すれば大きな効果が得られます。

注意!ハイドロキノン使用時の危険行為

トレチノインとハイドロキノンを使った美容療法では皮が剥げる、肌の炎症のような副作用が必ず起こる事になります。
皮が剥げると効くととても危険な成分、肌に炎症が起きると聞いて恐ろしく感じる人は多いと言えましょう。
この副作用はトレチノインとハイドロキノンを併用する事で生じる美容効果でもあり、二つの成分が正常に効果を発揮している証でもあるため安心して使用する事が出来ます。

トレチノインの副作用には皮膚のかゆみや赤味、ヒリヒリかんや刺すような痛み、皮膚の剥離、黒ずみや乾燥などがあります。
ピーリング作用で古い角質を落としてくれますが、肌が薄くなりすぎてしまうなどが副作用です。
薄くなった肌はバリア機能が低下しているため、かゆみや痛みなどの刺激にも敏感になりますし、外に出掛けて太陽の光を受けるだけでも強い刺激を受ける事になるわけです。
最初の1~2週間は辛い状態になりますが、トレチノインを塗る回数を減らすと症状を抑える事が出来ます。
トレチノイン単体の利用は炎症性の色素沈着により皮膚の黒ずみが生じてしまう事もあるので、黒ずみを予防するためにも漂白作用を持っているハイドロキノンの併用は欠かせません。

ハイドロキノンの副作用の中でも光毒性と皮膚の白斑は注意が必要です。
光毒性は肌が太陽の光などに対して敏感に働いてしまう状態で、僅かな光でも過剰に光を吸収しやすくしてしまいます。
皮膚の白斑はハイドロキノンが持つ漂白作用による副作用で、濃度が濃すぎたり長期間使い過ぎるなどでメラノサイトが働きを失い、元の肌よりも不自然な状態で白くなってしまいます。
3つを併用する時に注意しなければならない副作用は皮膚の乾燥、光毒性および皮膚の白斑で、保湿ケアを行ってから使用する、外に出掛ける時には必ず日焼け止めを塗る、こまめに塗り直す、5%までのクリームにとどめ、3か月以上の連続使用は控えるなどが大切です。